子どもたちのために、子どもの心を失わない大人からの贈り物。

目黒区美術館 「童画の国から」
会 期: 2016年7月16日(土)~9月4日(日)
掲載用_T-3_Takei Takeo_あ-S32-7
[武井武雄 ≪あいすくりーむのやまですべろ≫]
1957年 水彩、クレヨン・紙 / イルフ童画館蔵
[『あそび』1957(昭和32)年7月号掲載 ]

大正から昭和にかけ、た日本の童画界をリードした武井武雄(1894-1983)と初山滋(1897-1973)。絵雑誌『コドモノクニ』(1922年創刊)を中心に、モダンで感性溢れる作品で多くの子どもたちに親しまれてきました。武井が描いた愛くるしい登場人物と想像力をくすぐる不思議な世界、初山の優しく流麗な線描やみずみずしい色彩が輝く世界は、今なお多くの人々を魅了します。
「童画」という言葉は、子どもに与えるために大人が描いた絵を指す言葉で、1925年に武井武雄が使い始めました。当時、子ども向けの絵というと、童話や童謡の添えものとして軽視される傾向にありましたが、子どもにこそ「本物」を、と考えた武井や初山は、子どものための絵に、初めて真摯に向き合い、高い芸術性を持ち込みました。楽しさや夢、希望に満ちた彼らの作品は、子どものまなざし、子どもへのまなざしを深くたたえ、子どもの心と感性を育み、大人になっても心の奥に残る大切な贈りものとなったのです。 目黒ゆかりの工業デザイナー秋岡芳夫(1920-1997)も、武井と初山の贈りものを受けとった一人です。工業デザインを出発点に多彩で先駆的な仕事を残した秋岡ですが、その原点に童画があったことはあまり知られていません。武井と初山が活躍した『コドモノクニ』を愛読していた秋岡は、戦後まもなく彼らを中心に「日本童画会」が創設されると早速入会し、憧れだった初山に師事し1950年前後には多くの童画を描きました。やがて仕事の中心がデザインとなっても、秋岡もまた武井や初山と同様、子どものための仕事を、子どもの立ち位置から、同じ関心領域から捉えるまなざしを持ち続けました。
本展では、武井武雄と初山滋の戦後期の作品を中心に、彼らに導かれた秋岡芳夫の作品も交え、魅惑的な童画の世界を楽しめます。 本展を通じて、わが国の子どもたちの感性を長年にわたって育んだ二人の偉大な童画家、武井武雄と初山滋、そして秋岡芳夫の作品の魅力に触れてみませんか。

 

会期 2016/7/16~2016/9/4
休館日 月曜休館(但し、7月18日(月・祝)は開館し、7月19日(火)は休館)
開館時間 10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで
観覧料金 :当日:
一般600円(450円) 大高生・65歳以上450円(350円) 小・中学生は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障がいのある方は半額・その付添者1名は無料
公式HP http://mmat.jp
会場 目黒区美術館
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
TEL:03-3714-1201
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!