日本初、クラーナハの展覧会が国立西洋美術館にて開催されます。

国立西洋美術館「クラーナハ展 ―150年後の誘惑」
会 期: 2016年10月15日(土)~2017年1月15日(日)
掲載用_正義の寓意
[ルカス・クラーナハ(父)《正義の寓意(ユスティティア)》1537年 個人蔵©Private Cllection]

ルカス・クラーナハ(父、1472-1553年)は、ヴィッテンベルクの宮廷画家として名を馳せた、ドイツ・ルネサンスを代表する芸術家です。大型の工房を開設して絵画の大量生産を行うなど、先駆的なビジネス感覚を備えていた彼は、一方でマルティン・ルターにはじまる宗教改革にも、きわめて深く関与しました。けれども、この画家の名を何よりも忘れがたいものにしているのは、ユディトやサロメ、ヴィーナスやルクレティアといった物語上のヒロインたちを、特異というほかないエロティシズムで描きだしたイメージの数々でしょう。艶っぽくも醒めた、蠱惑的でありながら軽妙なそれらの女性像は、当時の鑑賞者だけでなく、遠く後世の人々をも強く魅了してきました。
日本初のクラーナハ展となる本展では、そうした画家の芸術の全貌を明らかにすると同時に、彼の死後、近現代におけるその影響にも迫ります。1517年に開始された宗教改革から、ちょうど500年を数える2016-17年に開催されるこの展覧会は、クラーナハの絵画が時を超えて放つ「誘惑」を体感する機会となるでしょう。

 

会期 2016/10/15~2017/1/15
休館日 月曜休館(ただし、2017年1月2日(月)は開館)
2016年12月28日(水)~2017年1月1日(日)
開館時間 9:30~17:30(毎週金曜20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
観覧料金 :当日:
一般1,600円(1,400円) 大学生1,200円(1,000円) 高校生800円(600円)
※( )内は20名以上の団体料金
公式HP http://www.tbs.co.jp/vienna2016
会場 国立西洋美術館
〒110-0007 東京都台東区上野公園7番7号 TEL:(03)5777-8600 (ハローダイヤル)
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!