「被災地の経験」を自身の経験として新たに緩く縫い直し、提示する。

兵庫県立美術館 注目作家紹介プログラム チャンネル7「髙橋耕平 街の仮縫い、個と歩み」
会 期: 2016年10月15日(土)~11月20日(日)
掲載用_髙橋耕平《神戸市の路上-電線点検作業》2016
《神戸市の路上―電線点検作業》
2016年  ※引用資料:人と防災未来センター蔵

近年、現代美術の領域では、特定の場や人を取材し、映像や写真、言葉などで表現するというスタイルで、多くの注目すべき作品が生み出されています。京都を拠点に活動する髙橋耕平(1977~ )も、そうした作品を手掛ける美術家の一人です。本展では、21年前に起こった阪神・淡路大震災以降の、都市の経験や記憶をテーマに、神戸・阪神間で撮影した映像や写真等から成るインスタレーションが制作、発表されます。

たとえ同じ街に暮らしていても、それぞれの人の身体は街を違ったふうに経験しています。街のある造りが、ある人には便利な一方で、他の人には障害となることもあります。しかしどのような場合もそこに生きる人は、解決の糸口を求め、自らの身体で街を探り、縫うように歩を進めます。それはまるで、それぞれの身体にあわせ街を更新し続ける仮縫いのようだ、と髙橋はとらえます。

21年前にさまざまな人がこの街で経験したことの記憶や記録。さらに現在それぞれの人がこの街をどのように経験し、歩み続けているのか。ともすれば「被災地の経験」などとひと言でくくられがちな、しかし決して誰一人同じではない個別性に注意を払いつつ、髙橋はそれらをいったん解き、自身の経験として新たに緩く縫い直し、提示します。

公立美術館での初の個展となるこの展覧会が、直接的な被災経験の有無を越え、多くの方が、自分とは異なる個の経験に想像を巡らせ、街で生き歩み続けることについて考える機会となリ得るでしょう。

 

会期 2016/10/15~2016/11/20
休館日 月曜休館
開館時間 10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
観覧料金 無料
公式HP http://www.artm.pref.hyogo.jp/
会場 兵庫県立美術館 ギャラリー棟 1 階 アトリエ 1 、ホワイエ
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号
TEL:078(262)0901
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!