ルノワールを師と慕った男、梅原龍三郎。

三菱一号館美術館「拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え」
会 期: 2016年10月19日(水)~2017年1月9日(月)
掲載用_ルノワール《パリスの審判》
ピエール〓オーギュスト・ルノワール《パリスの審判》
1913-14年
油彩/カンヴァス
公益財団法人ひろしま美術館蔵

日本の洋画界を牽引し、その豪快な性格から『画壇のライオン』と呼ばれた梅原龍三郎(1888-1986)。近代化が進み、油彩画が日本に定着した頃の1908(明治41)年、20歳の梅原は渡仏し、翌年ルノワールに会いました。梅原はルノワールを師と仰ぎ、その制作現場を見、師との対話から多くを学び、親密な関係を築きました。
梅原は後に、ヨーロッパで学んだ油彩画に、桃山美術・琳派・南画といった日本の伝統的な美術を取り入れ、個性あふれる豪華絢爛な画風を展開し、日本の洋画を確立した巨匠として高く評価されます。
本展ではルノワールと梅原の作品だけでなく、梅原が蒐集した作品、梅原と親交のあったピカソやルオーらの作品約80点により、近代絵画における東西の交流も紹介されます。

 

会期 2016/10/19~2017/1/9
休館日 月曜休館(但し、祝日の場合は開館)
年末年始休館2016/12/29~2017/1/1
開館時間 10:00~18:00(祝日を除く金曜、第2水曜、1/4~6 は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
観覧料金 :当日:
一般1,600円 大学・高校生1,000円 中・小学生500円
※障がい者手帳をお持ちの方と介添人の方1名まで半額。
公式HP http://mimt.jp
会場 三菱一号館美術館
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!