人の知恵と工夫により丁寧に作られてきた、江戸時代の色材について学びます。

目黒区美術館「色の博物誌ー江戸の色材を視る・読む」
会 期: 2016年10月22日(土)~12月18日(日)
掲載用_ukiyoe
左:喜多川歌麿≪山姥と金太郎 煙草のけむり≫
享和1~3年(1801~03)大判錦絵 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵 
右:立原位貫 復元・喜多川歌麿≪山姥と金太郎 煙草のけむり≫
昭和57年(1982)大判錦絵 個人蔵

目黒区美術館では、1992(平成4)年から2004(平成16)年にかけて「青」「赤」「白と黒」「緑」「黄色」をテーマにした「色の博物誌」シリーズを開催し、考古・民俗・歴史・美術を横断しながらそれぞれの色材文化史を紡いできました。色材そのものをフォーカスするという企画は、美術館ではあまり取り上げられないテーマですが、色の原材料とその特質を知ることによって、見えてくることはたくさんあり、作品も違う方向から楽しむことができます。
このたび、これまでの研究と出会いをもとに、6回目となる「色の博物誌」が開催されます。今度のテーマは、「江戸時代の豊饒な色材」です。展示では、緑青、朱など、粒子が際立つ不透明感のある無機系の色材と、藤黄、アオバナ、紅、藍などの透明感のある有機系の色材に着目し、人の知恵と工夫により丁寧に作られてきた色料や絵の具により制作された絵図と版画、二つのトピックを取リあげています。

 

掲載用_color_material

左:浮世絵の青「青花」
浮世絵によく使われた鮮やかで美しい青、つゆ草の栽培変種「青花」の花びらを摘み取って、搾り汁を和紙に繰り返し塗って青花紙をつくる。
右:絵画の顔料「緑青」
粒度の大きさの違いによる色味。世界中の絵画に使われた天然の緑といえば、このクジャク石から採集する緑青。粒子の違いによって色味が変わってくる。細かい方が明るい。

 

 

会期 2016/10/22~2016/12/18
休館日 月曜休館
開館時間 10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで
観覧料金 :当日:
一般800円(600円) 大学・高校生・65歳以上600円(500円) 
※( )内は20名以上の団体料金
※小中学生無料
※障がいのある方は半額・その付添者1名は無料
公式HP http://mmat.jp/
会場 目黒区美術館
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
TEL:03-3714-1201
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!