「自然と人間との調和」を大切にしてきた フィンランド人デザイナーたち

福岡市博物館「フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展
100th Anniversary of Finland’s Independence Finnish Design2017」
会 期: 2017年1月14日(土)~3月20日(月・祝)
掲載用_02_ball_red1[600]
[椅子《Ball Chair》 エーロ・アールニオ 1963年 ナゼロ蔵 © Eero Aarnio ]

福岡市博物館にて、フィンランド独立100周年を記念した、フィンランド・デザイン展が開催されます。「森と湖の国」と言われる自然豊かなフィンランドですが、夏は白夜、冬は極寒という人々が生活をするには大変厳しい環境下にあります。しかし、フィンランドに住む人たちは、昔から自然と共に生き、その生活の中から楽しみを見い出しつつ日々の暮らしを送って来ました。

それらは時代が変わっても廃れることなく、技術の進歩や新しい動向に合わせてしなやかにその姿を変えて行き、現在でも未来へとつながる新しいデザインが新世代のデザイナーたちによって生み出され続けています。

本展では、独立以前の装飾芸術から現在までの100年に及ぶフィンランド・デザインを、フィンランドの巨匠アルヴァ・アアルト(1898-1976年)やカイ・フランク(1911-1989年)をはじめとする多くのフィンランド人デザイナーたちに焦点を当てて紹介しています。多くの人々に愛され続けているフィンランド・デザイン。「自然と人間との調和」を大切にしてきたデザイナーたちの、シンプルかつ明るいデザイン作品をみていきます。

掲載用_05_flower掲載用_08_MG_2756

 

[画像左より:陶製レリーフ《flower》 石本藤雄/製作年不詳 有限会社スコープ蔵 (C) Fujiwo Ishimoto / オブジェ《バード リーヒポッロ》 オイバ・トイッカ/1997年/イッタラ フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵 (C) Designmuseo Photo: Chikako Harada]

 

会期 2017年1月14日(土)~ 3月20日(月・祝)
休館日 月曜休館 ※ただし3月20日は開館
開館時間 9:30~17:30 ※入館は閉館の30分前まで
観覧料金

当日
一般1,400円(1,200円) 高大校生800円(600円) 小中生500円(300円)
※( )内は20人以上の団体、満65歳以上(シルバー手帳等の年齢を証明できるものを提示)の割引料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳(以上の手帳を提示した人の介護者1人を含む)、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示の場合は無料。

公式HP http://finnish-design2017.exhn.jp
会場

福岡市博物館
〒814-0001 福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011

アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!