国立西洋美術館 北斎が西洋にもたらした革新

国立西洋美術館 「北斎とジャポニスム  HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
会 期: 2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)
sss
 (右)葛飾北斎《冨嶽三十六景  東海道程ヶ谷》1830-33(天保元-4)年頃 横大判錦絵 25.7×37.8 ミネアポリス美術館
    Minneapolis Institute of Art, Bequest of Richard P. Gale 74.1.237 Photo: Minneapolis Institute of Art
 (左)クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》1891年 油彩、カンヴァス 国立西洋美術館(松方コレクション)

国立西洋美術館では、2017年10月21日(土)から2018年1月28日(日)まで、「北斎とジャポニスム  HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」を開催いたします。本展では、西洋近代芸術の展開を”北斎とジャポニスム”という観点から編み直す、世界初の展覧会です。
国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをはじめ西洋芸術の名作約220点と、北斎の錦絵約40点、版本約70冊の約110点(出品点数は予定、会期中展示替えあり)による”東西・夢の共演”で、北斎が西洋に与えた衝撃をご覧いただけます。
19世紀後半に西洋の美術家や建築 、音楽、文学、演劇などに携わる人々が葛飾北斎の作品の影響を受けて、西洋の芸術にとりこみ新しい文化を生み出しました。
なぜ多くの日本の美術家から北斎が抜きんでて知られていたのか、そしてなぜ北斎の作品に影響を受けたのか、この機会に是非足を運んで2つのおおきな疑問の答えをみつけてみてはいかがでしょうか。
hokusai_press_0322

会期 2017/10/21~2018/1/28
休館日 月曜休館(但し、1月8日は開館)、12月28日~1月1日、1月9日
開館時間 09:30~17:30(金曜・土曜日は20:00まで。ただし11/18は17:30まで) ※入館は閉館の30分前まで
観覧料金 当日
一般1,600円(1,400円) 大学生1,200円(1,000円) 高校生800円(600円) 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
公式HP

http://hokusai-japonisme.jp

会場 国立西洋美術館
〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
アクセス

JR上野駅下車(公園口) 徒歩1分
京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅下車 徒歩8分

 

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!