日本美術展史上、最大の「フェルメール展」

上野の森美術館「フェルメール展」
会 期: 2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)

[ヨハネス・フェルメール《牛乳を注ぐ女》1658年-1660年頃  アムステルダム国立美術館 Rijksmuseum. Purchased with the support of the Vereniging Rembrandt, 1908 ]

 上野の森美術館にて、日本美術展史上最大の「フェルメール展」が開催されています。
 オランダ絵画黄金時代の巨匠、ヨハネス・フェルメールは、国内外で不動の人気を誇り、寡作でも知られ、現存する作品はわずか35点とも言われています。そのうち「牛乳を注ぐ女」「手紙を書く女」「真珠の首飾りの女」「ワイングラス」など日本初公開を含む9点が欧米の主要美術館から特別に貸し出され、東京にやってきます。
 上野の森美術館に来日するフェルメール作品は、「フェルメール・ルーム」と名付けられた部屋にすべての作品が飾られます。キャリアのほぼ全段階から選ばれた傑作の数々は、彼の芸術表現の幅広さと豊かさを示してくれることでしょう。
 本展覧会では、「日時指定入場制」にて、入場の際に長時間待つことなく、より快適に作品と向き合える取り組みが実施されます。特に、平日の夕方から夜にかけてがオススメ! さらに、フェルメールだけでなく、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらの絵画と合わせた約50点を通して、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性を堪能できる展覧会となっています。

※会期中、一部作品の展示替えがございます。「赤い帽子の娘」10/5(金)〜12/20(木)、「取り持ち女」1/9(水)〜2/3(日)

 

会期 2018/10/5~2019/2/3 ※日時指定入場制
休館日 12月13日(木)
開館時間 9:30~20:30 (入館は閉館の30分前まで)
※開館・閉館時間が異なる日があります 詳しくはこちら
観覧料金 当日
一般2,700円(2,500円) 大学・高校生2,000円(1,800円) 中・小学生1,200円(1,000円)
※( )内は前売日時指定券料金
公式HP www.vermeer.jp/
会場 上野の森美術館 東京都台東区上野公園1-2 TEL:0570-008-035(インフォメーションダイヤル)
アクセス

東京メトロ・京成電鉄 上野駅より徒歩5分

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!