文字で表現された着物の装いを見る

アサヒビール大山崎山荘美術館「谷崎潤一郎文学の着物を見る」
会 期: 2018年9月15日(土)~2018年12月2日(日)

[「台所太平記」鈴 着物監修:大野らふ 着物写真 協力:河出書房新社 撮影:大橋 愛]

文豪・谷崎潤一郎(1886-1965)は、女性とそのよそおいを作中に表現している。 谷崎自身が想定していた着物とはどのようなものだったのか。代表作「細雪」の中で表現される女性たちの華やかな着物姿。他にも、「痴人の愛」、「春琴抄」、「台所太平記」など、多様な作品にその装いが描写されている。 本展では、さまざまな資料をもとに、登場人物の着こなしをあらためて検証し、魅力あふれるヒロインたちのよそおいの数々が、谷崎の文章や挿絵、時代風俗なども手がかりに、アンティーク着物で再現される。 また、谷崎は、実業家・加賀正太郎(1888-1954)と交流があった。 加賀が建てた、美術館本館「大山崎山荘」は、谷崎が生き、谷崎によって描かれた多くの物語と同時代の建築だ。 この機会に、かつての雰囲気と融合する、谷崎文学の世界に触れてみてはいかがだろうか。

 

会期 2018年9月15日(土) – 2018年12月2日(日)
休館日 月曜 ただし9月17日(月)、24日(月)、10月8日(月)、11月19日(月)、26日(月)は開館 ※振替休館日は9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)  
開館時間 午前10時~午後5時 ※最終入館は午後4時30分まで
観覧料金 一般900円(800円)高・大学生500円(400円)中学生以下無料 障害者手帳をお持ちの方300円 ※( )内は20名以上の団体料金 着物でご来館の方は、入館料から100円割引いたします
※他の割引との併用はできません
公式HP https://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/38590/
会場 アサヒビール大山崎山荘美術館 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3 TEL:075-957-3123(総合案内)
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!