現実と虚構の境界にある,痛みと癒しの物語「ソフィ カル ─ 限局性激痛」原美術館

原美術館「ソフィ カル ─ 限局性激痛 原美術館コレクションより」
会 期: 2019年1月5日(土)~3月28日(木)

 [作家近影 Photo:Jean-Baptiste Mondino]

2019年1月5日~3月28日の期間,東京・品川の原美術館で「『ソフィ カル―限局性激痛』原美術館コレクションより」が開催されます。
1953年パリ生まれのソフィ・カルは,テート・ギャラリー(ロンドン)やポンピドゥー・センター(パリ)などの世界各地で個展を開催。写真と言葉で綴られる物語性の高い作品は斬新で話題性に富み,常に注目の的になってきました。
本展は1999年~2000年に原美術館で開催されたソフィ・カル「限局性激痛」を再展示するものです。タイトルになっている「限局性激痛」とは医学用語で,身体を襲う限局性(狭い範囲)の鋭い痛みや苦しみを意味します。会場は,失恋という出来事を愛する人への手紙と写真とで綴った第1部と,その話を他人に語る代わりに相手の最も辛い経験を聞き,自身の心の傷を癒していく第2部で構成されています。
作家本人の失恋体験による痛みと治癒を写真と文章で作品化した本作は,カルの他作品と同様に虚実が曖昧で,観客にさまざまな問いを投げかけます。鋭敏な感情を喚起するミステリアスで魅力的な世界を,どうぞお見逃しなく。

 

会期 2019年1月5日(土)~3月28日(木)
休館日 月曜
開館時間 11:00 am- 5:00pm
水曜のみ8:00 pmまで開館 ※入館は、閉館時刻の30分前まで
観覧料金 一般/1,100円、大高生/700円、小中生/500円
(原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無料、20名以上の団体は1人100円引)
公式HP https://www.haramuseum.or.jp/
会場 原美術館 東京都品川区北品川 4-7-25 TEL:03-3445-0651
アクセス

 

関連記事

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!