六本木ヒルズでPIXARアニメの制作を体験しちゃおう!

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」
会 期: 2019年4月13日(土)~9月16日(月・祝)

[PIXARのひみつ展」はボストンサイエンスミュージアムがPIXARとの協力により開発したものです。© Disney/Pixar. All Rights Reserved. Used Under Authorization. ]

アメリカやカナダの8か所で合計150万人以上を魅了した展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が,六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて開催されています。

『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』など,ワクワクドキドキを届けてくれるPIXARのアニメーション作品。本展では,PIXARアニメーション制作の裏側を,制作のカギとなる8つの工程にて紹介しています。キャラクターたちがどのように生みだされ,作品がどのように作られていくのか,実際のアニメーションづくりを体験しながら,そのひみつに迫ります。
 

** 展示会で体験できるアニメーション制作の8つの工程 **
①モデリング
 アーティストが描いたスケッチを基に、コンセプト・アートに沿ってデジタルモデラーがキャラクターのバーチャル3Dモデルをつくります。
②リギング
 モデリングで作られたキャラクターをリアルに動かすために仮想の骨や関節、筋肉をつくり、モデルの動きを設計します。
③サーフェイス
 物の見え方はストーリーそのもの。素材は何か、新品か、古びているかなどをオブジェクトの表面を加工し表現します。
④セット&カメラ
 セットデザイナーがバーチャルの世界を構築。そして、カメラアーティストが構成・カメラアングル・レンズタイプなどを決定し、バーチャルの世界を撮影します。
⑤アニメーション
 アニメーターがキャラクターに演技をつけ、ストーリーに命を吹き込み、アニメーターが望む感情をキャラクターに表現させます。
⑥シュミレーション
 シミュレーションプログラマーにより、キャラクターの髪の毛や衣服を本物のように動かす設定をします。
⑦ライティング
 照明デザイナーが証明効果でシーンに強弱をつけ,ストーリーの感情を引き出します。観客の視線を誘導し,情感あふれるシーンを作り上げます。
⑧レンダリング
 全ての制作工程を最終的な2Dイメージへと仕上げ,アニメーションを作り上げます。
*******************************************

各エリア内で,キャラクターとの写真撮影も可能です。お気に入りの作品がある方も,初めて見るという方も,東京シティビューへPIXARアニメーションの魅力を見つけに行きましょう!

 

会期 2019/4/13(土)~2019/9/16(月・祝)
休館日 ※会期中無休
開館時間 10:00~22:00(入場は閉館の30分前まで)
観覧料金 当日
一般1,800円 高校生・大学生1,200円 4歳~中学生600円 シニア(65歳以上)1,500円
公式HP PIXARのひみつ展
会場 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
03-6406-6652(東京シティビュー)
アクセス

関連記事

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!