山梨県立美術館「夜の画家たち -蝋燭の光とテネブリスム-」

会 期: 2015年4月18日(土)~6月14日(日)
150414_2
[ジョルジュ・ド・ラ・トゥール《煙草を吸う男》 1646年 東京富士美術館蔵 ©東京富士美術館イメージアーカイブ/DNP artcom]

 西洋美術が頂点を迎えたバロック期(17世紀)において、フランスのジョルジュ・ド・ラ・トゥールやオランダのレンブラントらによって、夜や闇の背景から炎や灯の光によって対象を浮かび上がらせる劇的な場面を演出したテネブリスム(暗闇主義)が流行した。一方、日本では、近代になって初めて西洋美術に出会った画家たちがテネブリスムに魅了された。その一例を見た山本芳翠は「其画が全く光りのついてゐる様だ」と感心し、自らもこの新しい表現に取り組んでいる。

 そうした日本のテネブリスムとも言うべき独自の明暗表現が、江戸時代の司馬江漢や亜欧堂田善の銅版画、歌川広重や歌川国芳の浮世絵にはじまり、近代の高橋由一、中丸精十郎らの洋画、小林清親らの浮世絵から、鹿子木孟郎、高島野十郎らの洋画、近藤浩一路らの日本画、川瀬巴水の浮世絵にいたるまで続いていく。

 本展は、二つの文化の間で生まれたかつてないこの闇と光の世界の全貌を、着想源となったヨーロッパの巨匠ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの作品などとも対比させながら明らかにしていくものである。

 

会期 2015年4月18日(土)~6月14日(日)
休館日 4月20、27日、5月7、11、18、25日、6月1、8日
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料 ※ ( )は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金
※ 小・中・高等・特別支援学校生は無料
※ 山梨県内の65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
※ 障害者手帳をご持参の方はご本人と介護の方1名が無料
※ 前売券は山梨県立美術館にて、3月18日(水)~4月17日(金)まで販売
公式HP http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp
会場 山梨県立美術館
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27
TEL:055-228-3322
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!