東京都庭園美術館「フランス国立ケ・ブランリ美術館所蔵 マスク展」

会 期: 2015年4月25日(土)–6月30日(火)
pressreleasemask_01
[キフェベ仮面 ソンゲ (コンゴ民主共和国) Kifwebe Mask, Songye (DemocraCc Republic of the Congo) © musée du quai Branly, photo Sandrine Expilly]

謳え、踊れ、驚異の‘ハイブリッド’たちよ —

 2006年にパリ、セーヌ河岸にオープンしたフランス国立ケ・ブランリ美術館。建築家ジャン・ヌーヴェルによる設計でも世界の注目を集め、パリの新たな名所として親しまれています。本展覧会は、アフリカ、アジア、オセアニア、アメリカから集められたマスク(仮面)をテーマに開催される、日本国内における同館初の大規模なコレクション展です。 仮面を身に着けることによって、人々は自然と向き合い、神や精霊といった目には見えない存在と通じ、物語を演じる表現者となりました。仮面は、肉体と意思をもつ人間と、それを取り巻く世界の境界に位置します。人は動物や精霊や神々、そして物語の登場人物を模(かたど)った仮面を纏い、時に音楽やリズムとともに踊り、舞い、それと一体化することによって、我と仮面(=他者)という両者の力を併せ持つ存在(‘ハイブリッド’)となって、未知なる時空の扉を開こうとしたのです。それぞれの土地の特質や文化を背景に、人々の様々な願いが反映された仮面たちは、溢れる想像力に満ちたユニークなかたちや素材、スケール感によって生み出されています。本展は、<今>に伝えられるマスクの生き生きとした魅力を展覧し、その表現の本質に迫ろうとするものです。(出品点数:約100点)

*ハイブリッド=ラテン語のから派生した英語のは17世紀初頭に現れ、「異種のもの、2つの異なる要素を組み合わせたもの、掛け合わせたもの」の意味に用いられる。近年では機械やテクノロジー等 の分野で頻繁に転用されているが、元来は魂を宿す生物を表わす言葉や概念であった。

 

会期 2015年4月25日(土)–6月30日(火)
休館日 第2・第4水曜日 (祝日の場合はその翌日)
開館時間 10:00–18:00(入館は17:30 まで)
観覧料金 一般:1200(960)円/大学生(専修・各種専門学校含む):960(760)円/中・高校生・65歳以上:600(480)円
※()内は前売りおよび20名以上の団体料金。
※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。
※教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)。
※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。
※前売り券e+(イープラス)にてオンライン販売いたします。http://eplus.jp
公式HP http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/150425-0630_mask.html
会場 東京都庭園美術館
〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9
TEL:03-3443-0201 FAX:03-3443-3228
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!