根津美術館 「尾形光琳300年忌記念特別展 燕子花と紅白梅-光琳デザインの秘密-」

会 期: 2015年 4月18日[土]~5月17日[日]
150418_nezu_ogata
[国宝 燕子花図屏風(左隻) 尾形光琳筆 6曲1双 江戸時代 18世紀 根津美術館蔵]

 2015年は、享保元年(1716)に59歳で没した尾形光琳の300年忌にあたります。それを記念して、当館とMOA美術館では、両館がそれぞれ所蔵する「燕子花図屏風」と「紅白梅図屏風」、光琳が描いた2点の国宝の屏風を中心とする特別展を開催します。 ふたつの屏風を中心として、MOA美術館では、2月4日から3月3日を会期として、光琳の100年忌、200年忌の際の展覧会内容を踏まえ、現代に生き続ける「光琳アート」の系譜を概観ます。また当館では、4月18日から5月17日を会期とし、「光琳デザインの秘密」という副題のもと、本阿弥光悦や俵屋宗達らの作品と親しんで育まれた光琳のデザイナーとしての仕事に迫ります。

まったく異なる両館の展示を通じて、光琳芸術の誕生から後世への影響にいたる歴史的全容をご覧いただけます。どうぞご期待ください!

 

会期 2015年 4月18日[土]~5月17日[日]
休館日 月曜日・展示替期間・年末年始 ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日
*休館日が原則月曜日ですが、5月4日(月)は開館いたします。
開館時間 午前10時‐午後5時(入館は午後4時30分まで)
*5月12-17日は、夜7時まで開館(最終入館午後6時半)いたします。
観覧料金 一般1200円(1000円)、学生[高校生以上]1000円(800円)
*( )は20名以上の団体/小・中学生以下は無料。
*受付にて障害者手帳をご呈示いただきますと、ご本人様と同伴者1名様まで、団体料金にてご入館いただけます。
公式HP http://www.nezu-muse.or.jp/index.html
会場 根津美術館 
〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1
TEL:03-3400-2536
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!