東京富士美術館「レオナルド・ダ・ヴィンチと『アンギアーリの戦い』」展

会 期: 2015年5月26日(火)~2015年8月9日(日)
150526_ang
[16世紀の画家 《アンギアーリの戦い(タヴォラ・ドーリア)》 16世紀 油彩/板 85.0×115.0㎝ ウフィツィ美術館蔵(東京富士美術館より寄贈)]

 レオナルド・ダ・ヴィンチの未完の大壁画制作計画《アンギアーリの戦い》は、今も多くの謎と痕跡を残しています。同壁画はフィレンツェのシニョリーア宮殿(現ヴェッキオ宮殿)の大評議会広間(現在の「五百人広間」)を飾るため、行政長官ピエロ・ソデリーニによって16世紀初頭にレオナルドに発注されました。イタリア・ルネサンス美術の歴史の中でも、最も野心的な装飾計画のひとつとされています。またこの一連の装飾計画はレオナルドとミケランジェロが戦闘画において競演を演じたエピソードでも有名ですが、レオナルドの壁画と同じ広間に描かれるはずだった《カッシナの戦い》についてもミケランジェロの原寸大下絵に基づく模写によって知ることができるのみで、その計画の全貌は今も多くの謎に包まれています。レオナルドはこの壁画を完成させることができませんでしたが、部分的に描かれた壁画はその後、半世紀以上のあいだ人々の見るところとなりました。しかしその壁画は、最終的に1560年代前半にジョルジョ・ヴァザーリの新たな壁画装飾によって覆われてしまいました。それでもレオナルドの作品は、激烈な戦闘場面を描く絵画表現の新しい基準を確立し、その後に続く世代の芸術家たちに大きな影響を与えることとなったのです。

 本展の中心をなす作品は、失われたレオナルドの壁画の中心部分をなす激烈な「軍旗争奪」の戦闘場面を記録した、日本初公開の《タヴォラ・ドーリア(ドーリア家の板絵)》として知られる著名な16世紀の油彩画です。本展ではさらにミケランジェロが構想した壁画の原寸大下絵を模写した、同じく日本初公開の16世紀の板絵《カッシナの戦い》を並べて展示し、かつてシニョリーア宮殿を舞台に実現するはずだった巨匠の競演の部分的な再現を試みます。さらに、レオナルド自身による同壁画の準備習作素描、レオナルドの構図に基づくその他の模写作品や派生作品、関連する資料類、関連する歴史的人物の肖像画が出品され、多くの写真を用いた歴史的解説のパネルと合わせて、レオナルドが試みた視覚の革命を検証し、イタリア美術史上の一大エピソードである失われた壁画の謎と魅力に迫ります。

 

会期 2015年5月26日(火)~2015年8月9日(日)
休館日 月曜日休館 ただし祝日の場合は開館し、翌火曜日休館
開館時間 10:00~17:00(16:30 受付終了)
観覧料金 大人1,300(1,000)円/大高生800(700)円/中小生400(300)円/未就学児無料
公式HP http://www.fujibi.or.jp
会場 東京富士美術館
〒192-0016 東京都八王子市谷野町492-1 
TEL:042-691-4511
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!