[アートなサプリ]OL U-子 このまま帰しませんってば

120117

新年おめでとうございます。

鏡開きも終わり、お正月モードが薄れてきましたが、
OL U-子を今年もよろしくお願いします。

 

「私をこのまま帰す気?」って言われてしまったので(駅ホームの看板参照)
「帰しません」とばかりに国立西洋美術館へ。再び「着衣のマハ」に会ってきました。

正直、ゴヤは苦手。黒くてこわーいイメージがある私。
ゴヤの絵は人の心の裏側を見透かしているようで、見ているこっちもハラハラドキドキ。

でもセクシーなマハはちょっと印象が違う。
悩ましいポーズで人を誘っている感じなのにお色気ムンムンではない。
(体の堅い人には長時間つらいポーズだと思う)
小粋なんだけど、上品さも漂うマハ。

質感の違いを表現するのはとても難しいなーって思うけど、ゴヤってすごいなって思う。 真珠のようなお肌と薄くて柔らかい衣服がとても優雅に描かれている。 何度見ても、この柔らかさっていいな。

こういう一面もあるゴヤだけど、「マドリード、1808年5月3日」(今回は来日してません)のような戦争の悲惨さをなまなましく描く筆も持っている。
多くの素描からもこの驚嘆すべき画力がビシビシ伝わってくるのが本当にすごい!

会期終了まであと2週間ほど!
マハをこのまま帰しちゃいけない!!

公式サイト:http://www.goya2011.com

[text by OL U-子,illust by T-子]

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:is3-art-inn@ihi-g.com
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!