高崎市タワー美術館「ふろしき原画 包むための絵」展

会 期: 2015年9月19日(土)~11月23日(月・祝)
151002_1
[福田平八郎《富士山》1964年 宮井株式会社蔵]

ふろしきは、ただの1枚の布ですが、大きさや形に応じて自在にものを包み、包んで収納することでものを守るだけではなく、持ちにくいものでも安定して持てるようにしたり、背負ったりして運ぶこともできる、とても優れた機能を持っています。その図様は、包んだ状態での美的効果を前提として、家紋や吉祥文などの意匠が用いられてきましたが、進物として用いられるようになった頃から、広げた状態での美しさを考慮したものとなりました。

本展覧会で紹介する原画は、明治34年に創業した京都の風呂敷・袱紗(ふくさ)問屋、宮井株式会社が所蔵するものですが、宮井では顧客からの要望をきっかけとして、画家の意匠によるふろしき製作を始めました。その第1号は、京都の老舗店によって開催される“洛趣会”への出品のために堂本印象に依頼した春夏秋冬の原画でした。その後、山口蓬春や福田平八郎、棟方志功、東山魁夷など、著名な画家の原画によるふろしきを数多く手掛けてきました。

1枚の布であるふろしきがものを包むとき、その図様は立体的に変化し、広げた際の絵柄とはまた異なる表情を見せてくれます。本展覧会では、画家が描いた原画とともに、包んだ状態でふろしきがどのような表情を見せるのか、その造形変化を楽しんでいただきます。

 

会期 2015年9月19日(土)~11月23日(月・祝)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
会期中の休館日:9月24日・28日、10月5日・13日・19日・26日、11月2日・4日・9日・16日
開館時間 10:00~18:00※入館は17:30まで
金曜日のみ10:00~20:00※入館は19:30まで
観覧料金 一般:500円(400円)、大学・高校生:300円(200円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります
※10月28日(水)は、県民の日につき無料開放いたします
公式HP http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2015082500025/
会場 高崎市タワー美術館
〒370-0841 高崎市栄町3-23
TEL:027-330-3773
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!