横浜美術館「横浜発 おもしろい画家:中島清之ー日本画の迷宮 」展

会 期: 2015年11月3日(火・祝)~2016年1月11日(月・祝)
151023
[《喝采》1973(昭和48)年、紙本着色・額、横浜美術館蔵(中島清之氏寄贈)]

大正・昭和の激動の時代。
進取の気風あふれる街・横浜に生き、
型に嵌(はま)らない、しなやかな感性で、
「日本画」に挑み続けた画家がいた――。

中島清之(なかじまきよし)という画家を知っていますか。その名を知る人々も、思い浮かぶ作品は、実に様々かもしれません。豊かな才気と旺盛な好奇心に満ち、常に新しい様式と手法に挑戦し続けた清之は、一見同じ画家とは思われないほど多彩な作品世界を展開し、「変転の画家」と評されました。

清之は、京都での少年期から培われた仏教美術への知識と共感、そして安雅堂画塾(あんがどうがじゅく)での古画研究で得た卓越した筆技を有しながら、清新な花鳥画から大胆にデフォルメされた人物画、幾何学的な抽象表現まで、周囲を驚かすほど様々な作風を示し、日本画の可能性を追求しました。自由奔放で、時にユーモアやアイロニーに満ちた多様な作品群は、中島清之という作家像を絞り込もうとする鑑賞者を惑わせ、まるで「迷宮」に誘い込むかのような魅力を備えています。

本展では、初公開作品、さらに画稿やスケッチを含む約180点を展観し、青年期から最晩年に至る清之の画業をたどり、主題や技法への関心のありようとその変遷を探ります。さらに下図やスケッチも紹介し、画面構成上の工夫を考察します。大正から戦前・戦後の昭和という、社会や価値観が大きく変容する時代の中で、一見激しい作風の変化を示しながら、清之が生涯にわたって貫いた思想や美意識はどういったものであったのか、編年的な構成により掘り下げていきます。(会期中展示替え有。)

 

会期 2015年11月3日(火・祝)~2016年1月11日(月・祝)
休館日 木曜日、2015年12月29日(火)~2016年1月2日(土)
開館時間 10:00~18:00(入館は17時30分まで)
観覧料金 一般   1,200円(前売1,000円/団体1,100円)、大学・高校生 800円(前売700円/団体700円)
中学生  400円(前売300円/団体300円)、小学生以下無料
65際以上 1,100円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)
*前売券販売期間は、2015年9月25日(金)~11月2日(月)
*団体は有料20名以上(要事前予約)
*2015年11月3日(火・祝)は無料
公式HP http://yokohama.art.museum/special/2015/nakajimakiyoshi/index.html
会場 横浜美術館
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
TEL:045-221-0300(代表)(10時~18時 木曜休館)
FAX:045-221-0317
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!