絵で読む世界文学の登場! イラスト版 『白鯨』 12/20発売

[ text and photo by Art inn編集部] 2015/12/15 UP

151215_2

 

不朽の名作『白鯨』に552点の絵を描いた奇才マット・キッシュ × 翻訳家・柴田元幸が贈る新しい文学のかたち。
『モービー・ディック・イン・ピクチャーズ 全ページイラスト集』刊行!

ある日、図書館員マット・キッシュは、自分がいちばん愛する小説、ハーマン・メルヴィルの『白鯨』の全ページにイラストをつけることに決めた。シグネット・ペーパーバック版を使えば552ページ、毎日一枚、デジタルではなく、紙やインクを使って作り、そのページの核となる一文、一フレーズを添える。それは芸術への欲求を満足させるための、純粋に愛の行為だったーー
アメリカ文学史上の最重要作品と言われ、時代をこえて読み継がれてきた『白鯨』が、迫力と独特のユーモアのある絵と、名翻訳家・柴田元幸の翻訳によって生まれ変わりました。圧倒的な想像力による絵と文学の競演をお楽しみください。

【詳細】 『モービー・ディック・イン・ピクチャーズ 全ページイラスト集』マット・キッシュ 翻訳 柴田元幸 12月20日刊行 592 ページ/ 四六判/ 並製/2100 円+税 発行 株式会社スイッチ・パブリッシング

マット・キッシュ Matt Kish
1969年生まれ。オハイオ在住。カフェテリア料理人、病院受付、書店長、英語教師などを経て図書館員に。2011年に本書を刊行後、2013年にコンラッドの小説『闇の奥』に絵を描いたHeart of Darkness を刊行。現在は自身のウェブサイトやFacebook、展覧会で作品を発表し続けている。http://www.spudd64.com

柴田元幸 Motoyuki Shibata
1954年生まれ。翻訳家。東京大学特任教授。著書に『アメリカン・ナルシス』『ケンブリッジ・ サーカス』など。訳書にオースター『幽霊たち』、ダイベック『シカゴ育ち』、ミルハウザー『ある夢想者の肖像』など多数。編訳書に『ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース』などがある。現在、文芸誌「Monkey」の責任編集を務める。

 

関連記事

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!