東京都庭園美術館 「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」展

会 期: 2016年1月16日(土)~4月10日(日)
galle_01web
 [《脚付杯 ひなげし》 被せガラス、マルケットリー、手彫り、脚台熔着 年記1900年(1900年パリ万国博覧会出品作)]

ヨーロッパの19世紀末を彩る装飾様式「アール・ヌーヴォー」。その立役者の一人であるエミール・ガレ(1846-1904)は、花や昆虫など自然をモチーフとした作風で知られ、陶芸・ガラス・木工家具の3分野で活躍し、1889年と1900年のパリ万国博覧会でグランプリの栄誉に輝いたアーティストでした。彼は、自然の描写を通して抽象的な概念を表現することで、ガラスや木工家具を単なる装飾ではなく、哲学的な世界観を表す芸術作品へと昇華させたのです。
その背景にあったのは、植物学への情熱でした。彼は2,500~3,000種の植物を育てていた広大な庭や豊かな自然の中で、つぶさに植物を観察して論文を書き、種の進化やライフサイクルに強い関心を寄せていました。本展では、「もっとよく植物を観察せよ!」というガレの気迫を伝えるデザイン画(オルセー美術館所蔵)とともに、植物に魅せられた一人の男がその生命や象徴性を追究した表現として、ガレの作品を紹介します。

 

会期 2016/1/16~2016/4/10
休館日 第2・第4水曜日(1/27,2/10, 2/24, 3/9, 3/23)
開館時間 10:00~18:00(ただし3月25日(金)、26日(土) 、4月1日(金)、2日(土)、8日(金)、4月9日(土)は夜間開館のため20:00まで )
※入館は閉館の30分前まで
観覧料金 一般:1,100 (880)円 大学生(専修・各種専門学校含む):880 (700)円  中・高校生・65歳以上:550(440)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。 小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。 教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)。 第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。
公式HP http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/160116-0410_galle.html
会場 東京都庭園美術館(本館・新館)TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
アクセス

 

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!