ラフォーレミュージアム原宿「魔女の秘密展」

会 期: 2016年2月19日(金)~3月13日(日)
160129_1
[ルイ=モーリス・ブーテ・ド・モンヴェル ≪サバトへ行く前のレッスン≫ 1880年 ヌムール城美術館 ©RMN-Grand Palais / René-Gabriel Ojéda / distributed by AMF]

「魔女」は、童話やアニメ、ドラマなどに取り上げられる人気テーマの1つですが、ヨーロッパでは古くから、その存在が信じられてきました。このことは、グリム童話に登場する魔女や、アルブレヒト・デューラー(1471~1528)らの著名画家たちが描いた絵画などからも推察できます。ヨーロッパが中世から近世へ移行する頃まで、「魔女」は、悪魔と契約を交わし、超自然的な力を得て人々に災いをもたらす者とされていましたが、15世紀から17世紀には、民衆の中から「魔女」が仕立て上げられ、「魔女狩り」という迫害を受けました。18世紀になると、「魔女」への差別・迫害の時代は終わりを告げ、今やファンタジーの世界のヒロインとして、数多くの作品に登場しています。 『魔女の秘密展』では、「信じる」「盲信する」「裁く」「想う」という4つのテーマを設けて、人々の魔女の捉え方の変遷や、今までうかがい知ることのできなかった「本当の魔女」を日本で初めて多角的に紹介します。本展では、ドイツ・プファルツ歴史博物館、ローテンブルク中世犯罪博物館のほか、オーストリア、フランスなど30カ所以上の美術館・博物館から、日本初公開を含めた多数の作品を公開、まじない道具、魔女裁判に関する書物や資料、魔女裁判で実際に使用された拷問道具などを一堂に紹介します。さらに、メディアインスタレーションを使用した「異端尋問」や「火あぶり刑」といったシーンも展示しています。

 

会期 2016年2月19日(金)~3月13日(日)
休館日 会期中無休
開館時間 11:00~19:00(入場は閉場30分前まで 最終日は17:00閉場のため入場は16:30まで)
観覧料金 当日 1,200円(一般・大学生) 1,000円(高校・中学生) 200円(小校生)
前売 1,000円(一般・大学生) 800円(高校・中学生)
公式HP http://majo-himitsu.com
会場

ラフォーレミュージアム原宿 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿 6F
TEL:ハローダイヤル 03-5777-8600 (全日/8:00~22:00)

アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!