DIC川村記念美術館 「サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-」

会 期: 2016年4月23日(土)~8月28日(日)
Interior のコピー

[ 《室内》1980年 カラードライプリント、厚紙 個人蔵
©Nicola Del Roscio Foundation,
Courtesy Nicola Del Roscio Archives]

サイ・トゥオンブリー(1928-2011、米国ヴァージニア州生まれ)は、ロスコやポロックら抽象表現主義と呼ばれる巨匠たちの次世代にあたり、子どもの落書きを思わせる独特の画風で20世紀美術史にその名を刻んだ画家です。ボストン美術学院、ニューヨークのアート・ステューデンツ・リーグで絵を学び、学生時代からロバート・マザウェルらに画才を認められていました。1960年代以降はニューヨークの主要画廊やヨーロッパの美術館で個展や大回顧展が華々しく催されましたが、写真作品が発表されたのは1990年代に入ってからのことです。

トゥオンブリーが写真制作を始めたきっかけは23歳の時に参加したブラック・マウンテン・カレッジの授業でした。このとき彼はピンホールカメラに熱中し、その後も絵画を中心とした創作活動のかたわら、おもにポラロイドで撮影が続けられました。17世紀の宮殿、大理石のテーブルに置かれたキャベツや朽ちてゆく花、制作途中の絵や画材が散るアトリエ、穏やかな海の眺め――いずれも作家にとっての日常風景ですが、写真の中の像は色と形が混ざり合い、実態が曖昧になることで、チューリップがローマ彫刻へ、静物が風景へと軽やかに姿を変え、私たちの視覚をより拡がりのある地平へ解放します。

本展はイタリアのニコラ・デル・ロッショ財団、ニコラ・デル・ロッショ・アーカイブの全面協力により、トゥオンブリーが1951年から2011年まで60年間にわたって撮影した写真作品のなかから100点を紹介する国内待望の展覧会です。併せて、絵画3点、彫刻4点、ドローイング4点、版画18点を展示し、異なるメディアを往還したトゥオンブリーの作品に通底する眼差しを、写真を介して取り結びます。

 

会期 2016/4/23~2016/8/28
休館日 月曜休館(但し、7月18日は開館)、7月19日(火)
開館時間 9:30~17:00 ※入館は閉館の30分前まで
観覧料金 当日 1,200円(1,000/900円) 1,000円(800/700 円) 600円(500/400円)
※( )内は20名以上の団体/障がい者手帳をお持ちの方(+付き添い1名まで同料金)
※5月5日(木)はこどもの日につき高校生以下入館無料です。
※5月18日(水)は国際博物館の日につき入館無料です。
※学生と65歳以上の割引適用には学生証や保険証などの身分証明書が必要です。
公式HP http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/index.html#admission
会場 DIC川村記念美術館 TEL:0120-498-130(フリーダイヤル)
アクセス

関連記事

Art inn Premium [インプレ]

各美術館・展覧会の最新情報をはじめ、様々なアートに関する口コミ情報をお手軽にPC・携帯でチェックできます。
プレゼント応募もこちらから!
[インプレ] のご利用方法はこちら

Art innに関する問い合わせ先

株式会社IHIエスキューブ
Art inn編集部
e-mail:art-inn@iscube.ihi.co.jp
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!