トップ >NEWS

リニューアルに伴うサーバ停止のお知らせ

いつもArt innをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
当サイトはホームページをリニューアルいたします(5月14日(木)予定)。
それに伴い、以下の期間は当サイト内の各コンテンツが閲覧できなくなります。

●2015年5月11日(月)14:00 ~ 2015年5月14日(木)14:00
 (終了は予定のため前後する可能性があります。)


なお、Art inn SNS「インプレ」は通常通りご利用いただけます。

大変ご迷惑をおかけ申し上げますが、何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。



「六本木アートナイト2015」メインビジュアル
   「六本木アートナイト」は、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的に2009年より開催している一夜限りのアートの饗宴です。様々な商業施設や文化施設が集積する六本木を舞台に、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品を街なかに点在させ、非日常的な一夜限りの体験をつくり出す本イベントは、東京を代表するアートの祭典として年々発展を続けています。


[ text and photo by 河野 政博
 (IHIエスキューブ)] 2015/3/25 UP

   大河原邦夫氏の作品展「メカニックデザイナー 大河原邦夫展」が、満を持して
東京・上野の森美術館で今夏に開催されることが、3月17日に発表された。
 大河原氏は、「タイムボカンシリーズ」「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」
などのアニメに登場するメカニックデザインを手がけた。今回の展覧会は、大河原氏の40年以上に渡る活動の歴史を詳細に伝える内容となっている。



  1993年3月28日にオープンした江戸東京博物館は、開館から22年を経て、5・6階の常設展示室をリニューアルします。日本橋や芝居小屋などの実物大の大型模型展示をはじめ、縮尺模型や体験模型が並ぶ「楽しみながら学べる博物館」として、これまで約3000万人以上の方が来場しました。今回のリニューアルでは、新しいコーナーや新しい模型が加わり、さらにその魅力がアップします。



 世界的に活躍する映像作家フィオナ・タンが、2016年に開催予定の展覧会(IZU PHOTO MUSEUM・静岡)に発表する新作のため、富士山の標高にちなみ、3,776枚の富士山写真を募集しています。ぜひ本プロジェクトの要旨にご賛同いただき、あなたの富士山写真をご投稿ください。



 国際交流と文化の集積地・京都を舞台に世界の第一線で活躍する作家36組が参加するPARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015。主な会場は、京都市美術館と京都府京都文化博物館。歴史ある建物の全館が現代芸術で埋め尽くされるという今までにない空間が展開されます。


サポサポ project vol.11
 『サポサポproject』始まります!
会場は、前回と同じ南青山。
会期も、このところ定番化して参りました、クリスマス直前の週末です。

【会期】
2014年12月19日(金)~12月21日(日)


【時間】
19日     15:00~19:00
20日、21日 11:00~19:00


【会場】
ギャラリー5610

東京都港区南青山5-6-10・5610番館
Tel:03-3407-5610
Web:http://www.deska.jp/


Art inn SNS「インプレ」をご利用のお客さまへ

いつもArt inn SNS「インプレ」をご利用頂きまして、誠にありがとうございます
サーバメンテナンスのため、以下の期間、Art inn SNS「インプレ」のサービスが利用できなくなりますので、ご注意ください。


■2014年12月09日(火) 正午12:00~2014年12月09日(火) 18:00


メンテナンスは通常6時間程度で終了いたしますが、
トラブル等により最大で24時間かかる場合もございます。


フェルディナンド・ホドラー展関連講座
『現代美術史日本篇1945-2014』
刊行記念講座
中ザワヒデキから学ぶ 日本現代美術史のABC
~戦後1945 年から現在2014 年まで日本の現代美術のムーヴメントを追う


「どうも現代美術はよくわからない」「日本の現代美術をもっと楽しみたい」
そんな方にご受講いただきたい、日本現代美術史の入門講座です。
講師は『近代美術史テキスト』や『西洋画人列伝』の著者で美術家の中ザワヒデキさんです。中ザワさんは美術家として活動をしながら、「現在の自分の視点で歴史をつくる」という姿勢で美術史に関する書籍を執筆されています。そして、この度、著書の一つである『現代美術史日本篇』の改訂版の刊行が決まりました。改訂版は新たに第8 章として2010 年以降の新しいフェーズが盛り込まれました。本講座ではこれを記念して、本書に即しながら戦後1945 年から2010 年以降、現在に至るまでの日本の現代美術を時代順に学んでいきます。
URL:http://www.aoyamabc.jp/culture/contemporaryart-abc/



 「工房からの風・craft in action」は千葉県市川市にあるニッケコルトンプラザで開催する野外展覧会です。2014年10月18日(土)19日(日)に第12回目を開催します。
 全国からみずみずしい工芸、手仕事を生み出す作り手がその作品と共に集います。ワークショップや制作公開も含めて、60余名の作り手による野外展覧会は12回目を迎えました。ニッケ鎮守の杜での個性豊かなしつらいや、庭の恵みを生かしたお飲み物などとともに、秋の実りの二日間をお楽しみください。


フェルディナンド・ホドラー展関連講座
フェルディナンド・ホドラー展関連講座

2014年10月7日より国立西洋美術館にて、日本で40年ぶりとなる「フェルディナント・ホドラー展」が開催されます。日本初公開作品も多数出品される過去最大規模の回顧展です。
今回は、石川直樹さんと本展企画担当の国立西洋美術館学芸員 新藤淳さんをお迎えし、ホドラーの自然への眼差しに焦点をあて、彼の想像力の源に迫るとともに、画家と写真家の自然への挑み方、また西洋と日本の自然観の違いや共通点を探りながら、自然が芸術にもたらす影響やイマジネーションについて考えていきます。
URL:http://www.aoyamabc.jp/culture/ferdinandhodler/


東京都写真美術館 休館のお知らせ
 「東京都写真美術館は現在、大規模改修工事のため休館中です。リニューアルオープンは2016年を予定しています。

 東京都写真美術館は、館の大規模改修工事に伴い2016年8月末(予定)まで休館します。
東京都写真美術館は、1995年1月の総合開館以来、約20年間にわたり写真と映像専門の総合美術館として日本におけるセンター的役割を担ってきました。
この度の改修工事で、経年劣化に伴う設備機器の更新等を行い、公共施設としてより安心で快適な美術館へと生まれ変わります。
URL:http://www.syabi.com/


「美少女の美術史」展 開催記念トーク&レクチャー
「美少女の美術史」展 開催記念トーク&レクチャー美少女展の仕掛け人 トリメガ研究所と考える
地方美術館の運営と展覧会企画


「美少女の美術史展」が今年の夏から来年2015年の頭にかけて、青森県立美術館を皮切りに、静岡県立美術館、島根県立石見美術館を巡回します。出展作品は浮世絵やマンガにアニメ、現代美術と多岐にわたり、さまざまなジャンルを横断しながら、多様な視点を持って「少女とは何か」を考えることができる画期的な展覧会です。
URL:http://www.aoyamabc.jp/culture/bishojo/


美術、応答せよ!
『美術、応答せよ!─ 小学生から評論家まで、美と美術の相談室』(筑摩書房)刊行記念 森村泰昌×布施英利 トークイベント―名画はいかにして現代を生きているのか。

 「〈思い通りに絵を描く技術〉は普及できる?」、「芸術家の仕事の成功と失敗の判断基準とは?」などなど、日ごろ深く考えもしないごくささやかな疑問に答えることが、芸術の本質につながる――、それを実際の問答集として実現した『美術、応答せよ!』。この作品の出版を記念して、著者の森村泰昌さんと批評家の布施英利さんが2人でさまざまな美術の疑問に答えるトークショーを開催します。
横浜トリエンナーレを成功させた現役芸術家と、美術・文学・マンガなどに解剖学的視点を持ち込んだ布施英利さん、1つの質問に2つの答えを持って語り合っていただきます。芸術に対して、時には楽しく、時には厳しく、組みつほぐれつする問答合戦に参加しませんか?
URL:http://www.aoyamabc.jp/event/answer-art/


竹中大工道具館
 日本の道具はおもしろい。その魅力を,より深くわかりやすく。

 「竹中大工道具館」は、日本唯一の大工道具の博物館として1984年、神戸市中山手に開館。以来約30年、多くの方々に親しまれてきました。そして2014年10月4日(土),大工道具の世界をより深く、より楽しく体感していただくために、新神戸駅近くの竹中工務店ゆかりの地へと移転して、新たな一歩を踏み出すこととなりました。
URL:http://dougukan.jp/


本屋がつくる学び場、青山ブックスクールにて、以下のトークが開催されます。

 絵画保存修復家 岩井希久子に学ぶ
  絵画保存修復の現場
  ―名画はいかにして現代を生きているのか。


出演:岩井希久子さん(絵画保存修復家) × 藤原えりみさん(美術ジャーナリスト)
開催日時:2014年7月12日(土)18:00~20:00/17:30開場
会場:青山ブックセンター本店・大教室
価格:1,944円(本体1,800円+税)
定員:110名様
URL:http://www.aoyamabc.jp/culture/conservator/
詳細はコチラ


サポサポ project vol.10 DM
サポサポ project vol.10 DM
 『サポサポproject』始まります!
 今回も、賑やかな表参道にて開催です!

【会期】
2014年6月27日(金)~29日(日)

【会場】
ギャラリー5610

東京都港区南青山5-6-10・5610番館
Tel:03-3407-5610
Web:http://www.deska.jp/



パナソニックが“Cut Out the Darkness”プロジェクトを実施
“Cut Out the Darkness”プロジェクト ペーパーカットアーティスト 作品
Anna Howarth (Manchester, GBR) (http://www.annahowarth.com )
 創業100周年となる2018年までに世界の無電化地域にソーラーランタンを合計10万台寄贈する 「ソーラーランタン10万台プロジェクト」を推進しているパナソニック株式会社は、世界中の皆様にもランタン寄贈に参加いただき無電化地域の課題を知っていただくことを目的に、全世界から募集した デザインをもとに製作したシェードとソーラーランタンを無電化地域の家庭や学校などに届ける “Cut Out the Darkness”プロジェクトを実施します。


これまでのサポサポ project 風景
これまでのサポサポ project 風景
 『サポサポproject』始まります!
 今回は、クリスマス直前の賑やかな表参道にて開催です。 みなさんとお会い出来るのを楽しみにしています!

【会期】
2013年12月20日(金)~23日(月)
※4日間あります。

11:00~19:00(初日のみ15:00open)

【会場】
ギャラリー5610

東京都港区南青山5-6-10・5610番館
Tel:03-3407-5610
Web:http://www.deska.jp/


本屋がつくる学び場、青山ブックスクールにて、以下のトークが開催されます。

 本・現場・美術 第9回
フクヘンと原田マハの「印象派」のはなし。


フクヘンと原田マハの「印象派」のはなし。

出演:原田マハさん(小説家)×鈴木芳雄さん(美術ジャーナリスト)
開催日時:2013年12月16日(月) 19:00~21:00 (開場18:30)
会場:青山ブックセンター本店・小教室
価格:2,520
定員:45名様
URL:http://www.aoyamabc.jp/culture/fukuhen-wksp9/

『芸術新潮』つげ義春特集刊行記念講座
なぜ、いま「つげ義春」なのか―マンガと美術の危うい関係


芸術新潮』つげ義春特集刊行記念講座 なぜ、いま「つげ義春」なのか―マンガと美術の危うい関係

出演:山下裕二さん(美術史家)×米谷一志さん(芸術新潮編集長)
開催日時:014年1月11日(土) 18:00~20:00 (開場17:30~)
会場:青山ブックセンター本店・大教室
価格:1,260円
定員:110名様
URL:http://www.aoyamabc.jp/culture/why-tsuge/


本屋がつくる学び場、青山ブックスクールにて、以下のトークが開催されます。

 本・現場・美術 第9回
フクヘンと原田マハの「印象派」のはなし。


フクヘンと原田マハの「印象派」のはなし。

出演:原田マハさん(小説家)×鈴木芳雄さん(美術ジャーナリスト)
開催日時:2013年12月16日(月) 19:00~21:00 (開場18:30)
会場:青山ブックセンター本店・小教室
価格:2,520
定員:45名様
URL:http://www.aoyamabc.jp/culture/fukuhen-wksp9/

『芸術新潮』つげ義春特集刊行記念講座
なぜ、いま「つげ義春」なのか―マンガと美術の危うい関係


芸術新潮』つげ義春特集刊行記念講座 なぜ、いま「つげ義春」なのか―マンガと美術の危うい関係

出演:山下裕二さん(美術史家)×米谷一志さん(芸術新潮編集長)
開催日時:014年1月11日(土) 18:00~20:00 (開場17:30~)
会場:青山ブックセンター本店・大教室
価格:1,260円
s 定員:110名様
URL:http://www.aoyamabc.jp/culture/why-tsuge/


昨年の様子
昨年の様子

 「工房からの風・craft in action」は千葉県市川市にあるニッケコルトンプラザで開催する野外展覧会です。2013年10月12日(土)13日(日)に第11回目を開催します。
 50人(工房)の斬新な作家が集まる、作品の展示販売。作り手と一緒に制作するワークショップや、工房での制作工程の公開を行います。


Art inn SNS「インプレ」をご利用のお客さまへ

いつもArt inn SNS「インプレ」をご利用頂きまして、誠にありがとうございます
インプレが稼働しておりますSNSエンジンのバージョンが上がり、スマートフォン対応も実施いたしました。


Art inn SNS「インプレ」をご利用のお客さまへ

いつもArt inn SNS「インプレ」をご利用頂きまして、誠にありがとうございます
サーバメンテナンスのため、以下の期間、Art inn SNS「インプレ」のサービスが利用できなくなりますので、ご注意ください。

■9月25日(水)08:30~9月25日(水)24:00


Art inn SNS「インプレ」をご利用のお客さまへ

いつもArt inn SNS「インプレ」をご利用頂きまして、誠にありがとうございます
サーバメンテナンスのため、以下の期間、Art inn SNS「インプレ」のサービスが利用できなくなりますので、ご注意ください。

■8月30日(金)12:00~8月31日(土)24:00


本屋がつくる学び場、青山ブックスクールにて、以下のトークが開催されます。

 ミヅマアートギャラリーディレクター三潴末雄さんとゲストによる連続対談シリーズ 「日本再再再発見」第6回

「日本再再再発見」第6回

出演:原 研哉さん(グラフィックデザイナー) × 三潴末雄さん
開催日時:2013年8月31日(土)18:00~20:00 開場17:30~
会場:青山ブックセンター本店・大教室
価格:1,890円(税込) *要事前予約・入金
定員:110名様
URL:http://www.aoyamabc.jp/culture/rerere-japan-discover6/

本・現場・美術 番外編第3回 栖鳳・大観・フジタ・御舟
~4人の近代画家が見た西洋。「渡った、見た、描いた。」~


栖鳳・大観・フジタ・御舟

出演:山下裕二さん(美術史家)×鈴木芳雄さん
開催日時:2013年9月28日(土)18:00~20:00 開場17:30~
会場:青山ブックセンター本店・大教室
価格:1,890円(税込) *要事前予約・入金
定員:110名様
URL:http://www.aoyamabc.jp/culture/fukuhen-wkspex3/


2012年度10月に12日間に渡って開催された映像表現による現代美術の芸術祭、「TERATOTERA祭り@西荻窪 西荻映像祭」。
 今年度は、その進化版として、10月~11月にかけての約1ヶ月間、JR中央線西荻窪駅周辺の精肉店、書店、居酒屋等、様々な店舗を舞台に、若手アーティストの作品を発信する祭典「TERATOTERA祭り@西荻窪 TEMPO de ART2013」を開催します。



 今年も乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるピンクリボンフェスティバル(主催:公益財団法人 日本対がん協会、朝日新聞社ほか)の一環として「第9 回ピンクリボンデザイン大賞」を実施いたします。毎年1 万点を超える応募があり、若手クリエイターの登竜門ともいわれる本デザイン大賞は、一層の質の向上のために部門を絞り、課題コピーを使ったポスターデザインを公募する形式にリニューアルいたしました。
 多数のご応募をお待ちしております。


c Hiroshi Sugimoto, courtesy of Odawara Art Foundation

 このたび、国際交流基金と小田原文化財団は、2013年9月~10月の1カ月間にわたり、人形浄瑠璃文楽「杉本文楽 曽根崎心中付り観音廻り」の欧州公演を実施いたします。






© Hiroshi Sugimoto, courtesy of Odawara Art Foundation


これまでのサポサポ project 風景
これまでのサポサポ project 風景
  1 『サポサポproject』とは?

 東京藝術大学美術学部卒業生による、震災復興支援プロジェクトです。ジャンルや世代を超えた多数の作家による作品即売イベントを開催し、作品の売り上げの全額または半額を支援金として提供します。また、作家が制作したオリジナルポストカード(1枚200円/3枚500円)を300種類以上取り揃え、手頃な金額から支援にご参加頂けます。

(経過)2011年7月~2012年12月まで開催7回・出品作家105名・支援金総額\5,260,000


MAD2013 チラシ Designed by Masayoshi Kodaira(FLAME)
MAD2013 チラシ 
Designed by Masayoshi Kodaira(FLAME)
 自分のペースで学びたい方は、まずは24 時間アクセスOK! FREE MAD へ!

 レクチャールームで、みんなと一緒に学びたい方は、 MAD へ!さまざまなバッググラウンドを持った受講生同士の交流も魅力!

 多彩なゲスト講師:美術作家からキュレーター、コレクター、美術館館長、ギャラリー・ディレクター、哲学者まで。

 MAD は、キュレーターがプロデュースする、現代アートのプログラムです。






マネックス証券新本社ビル メインエントランス(写真右奥がプレスルーム)

 毎日、職場にアートが「ある」ということ。

2012年度アーティスト 福士朋子氏受賞作品 「take off / landing」


これまでのサポサポ project 風景
これまでのサポサポ project 風景
  1 『サポサポproject』とは?

東京藝術大学美術学部卒業生による、震災復興支援プロジェクトです。
ジャンルや世代を超えた多数の現役作家による展覧会を開催し、作品の売り上げの半額、または全額を支援金として提供しています。
また、作家が制作した「オリジナルポストカード(1枚200円・3枚500円・300種類以上)」からも、支援にご参加いただけます。


(経過)2011年7月~2012年9月まで開催6回・出品作家91名・支援金額総額¥3,960,000


MAD レクチャー風景
MAD レクチャー風景
  9月以降、50以上のレクチャーが続々開講。

 9月に開講する現代アートの学校MADでは、20世紀の後半から21世紀のはじめにかけての動向や議論に向き合います。政治や経済の状況によって流通・取引されるアート。デザインや建築などの領域と往き来しながら拡張してゆくアート。さらに、地域社会を再生させる要素として注目されるアートなど、アートを語るポイントは実にさまざま。


  5 月18 日は「国際博物館の日」です。

国際博物館会議(ICOM)は、博物館の役割を広く人々に知っていただくため、
5 月18 日を「国際博物館の日」と制定しました。
毎年、世界中の美術館・博物館で様々な記念行事が行なわれています。
国立新美術館では、今年の「国際博物館の日」に以下の記念品をプレゼントいたします。


東京国立博物館 140周年記念グッズを発売
  海洋堂、資生堂パーラー、凸版印刷とコラボ

明治5年(1872)に湯島の聖堂で開催された博覧会からスタートした東京国立博物館(トーハク)は、2012年に140周年を迎えました。収蔵品の総数は11万件あまり、国宝や重要文化財を数多く所蔵する、日本を代表する博物館です。
展示や教育普及事業を通して、多くの人々に歴史や文化に親しむ機会を提供してきたトーハクは、より多くの人に日本の文化や歴史を身近に感じてもらえるよう、140周年の記念事業の一つとして、株式会社海洋堂、株式会社資生堂パーラー、凸版印刷株式会社とのコラボレートによるオリジナルグッズ3点を開発しました。

東京国立博物館×海洋堂 「考古学ミニチュア カプセルフィギュア」第1集6種


武井咲さん (2月27日 東京都内撮影)ヨハネス・フェルメール 「真珠の耳飾りの少女」 1665年頃
マウリッツハイス美術館蔵
 「17世紀の美少女」と「21世紀の美少女」、時を超えて夢の競演

東京・上野の東京都美術館では、6月30日(土)から9月17日(月・祝)まで、「マウリッツハイス美術館展  オランダ・フランドル絵画の至宝」を開催します。
本展は、東京都美術館リニューアルオープン後第一弾の特別展となり、世界的なブームの絶頂期にあるフェルメール作品から、知名度、人気ともにナンバーワンの傑作「真珠の耳飾りの少女」も出展されます。

左:武井咲さん (2月27日 東京都内撮影)/右:ヨハネス・フェルメール 「真珠の耳飾りの少女」 1665年頃 マウリッツハイス美術館蔵


《夢》チャリティー・エディション
 ★ 3.11 後に広島で開催した個展、その中で生まれた一つの作品

世界の恒久平和と人類の平和を願う「ヒロシマの心」を美術を通して世界へ訴えることを目的とする「ヒロシマ賞」。第8 回目の受賞者にオノ・ヨーコが決定し、その受賞記念展の準備の最中に東日本大震災は起こりました。震災について「悔しい」と語ったオノ。積極的に自身のツイッターで発言し、震災復興のためのチャリティー・コンサートにも出演を続けてきました。「第8 回ヒロシマ賞受賞記念 オノ・ヨーコ展 希望の路 YOKO ONO 2011」(2011 年7月30 日?10 月16 日)は、過去に原爆の悲劇を乗り越えた広島から現在の日本へ復興の勇気を与えるメッセージを、展覧会としてオノ・ヨーコが力強く発信したものです。

《夢》チャリティー・エディション


武者小路実篤記念館 ホワイトデーに向けて「実篤 榮太楼飴(黒飴)」新発売
 ★ 東京日本橋の老舗・榮太樓總本鋪とコラボ
ホワイトデーに向けて 「実篤 榮太楼飴(黒飴)」新発売


バレンタインシーズン限定「実篤チョコ」は、今年も大変ご好評いただきました。
  チョコレートをお求め下さった方や、昨年発売した「実篤 榮太楼飴(梅ぼ志飴)」
をお求めになった方々から、「今年のホワイトデーには何か企画があるの?」「黒飴は
ないの?」というご質問が、早くも寄せられています。
  そこで、去年に引き続き老舗和菓子メーカー・榮太楼のご協力をいただき、ホワイ
トデーシーズンに合わせて「実篤 榮太楼飴(黒飴)」を発売します。


 ★1個470円で、2月1日より発売

毎年大変ご好評をいただいております武者小路実篤記念館のバレンタインシーズン限定チョコレートを、2012年も発売します。


21_21 DESIGN SIGHTディレクターの一人である、 三宅一生氏の活動を特集したテレビ番組が放映されます。


©吉次史成
 川崎市アートセンターで「ほうほう堂@」シリーズ!

新鋪美佳(あらしきみか)と福留麻里(ふくとめまり)による身長155cmダンスデュオ、ほうほう堂。彼女たちが2009年より2年間継続している「ほうほう堂@」シリーズの新作を、川崎市アートセンターの「あちこち」で上演します。


©吉次史成


「Art inn」PCサイトをご利用のお客さまへ

平素、Art innをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
サーバメンテナンスのため、以下の日程でサイトが閲覧できなくなります。

■10月19日(水)13:00~19:00


2012年カレンダー 表紙
 特別展「ザ・タワー」開催記念
【会期:2012年2月21日(火)~5月6日(日)】


2012年江戸東京博物館
オリジナルカレンダー100名様プレゼント!





2012年カレンダー 表紙


広島市現代美術館「ゲンビどこでも企画公募2011」
 作品募集:2011 年6 月1 日( 水) ~7 月20 日( 水)
 展示期間:2011 年9 月17 日(土)~10 月10 日(月・祝)

レンブラント・ファン・レイン(1606-69)《石の手摺りにもたれる自画像》第2ステート、1639年 アムステルダム、レンブラントハイス/©The Rembrandt House Museum, Amsterdam
レンブラント・ファン・レイン(1606-69)
《石の手摺りにもたれる自画像》
第2ステート、
1639年 アムステルダム、
レンブラントハイス/
©The Rembrandt House Museum,
Amsterdam
 このたびの東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。また、被災地の一日も 早い復興をお祈り申し上げます。
さて、国立西洋美術館(東京・上野公園)では、『レンブラント 光の探求/闇の誘惑』を開催しております。
初日からの臨時休館(12 日間)を経て、3 月26 日(土)に開館した本展は、東京展が閉幕する6 月12 日(日)まで、無休で開館することに決まりました。
また、開館以降、幅広いお客様にご来場いただき、おかげさまで、開館47 日目にあたる本日5 月18 日 (水)に、15 万人目のお客様を迎えることができました。皆さまには厚く御礼申し上げます。

第7回ピンクリボンデザイン大賞
 ピンクリボンは乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。 日本人女性の16 人に1 人が乳がんになるといわれています。毎年1 万人を超える方が乳がんで命を失 っています。乳がんは、早期に発見すれば治癒率が高いがんですが、乳がん検診受診率は、まだまだ低 い状況です。乳がんを自分の問題として意識することの大切さ、そして検診の必要性をあなたの力で伝え る作品を募集します。あなたのデザイン、そして言葉が「命」を守ります。

 ~ 池坊いけばなの講演会や、“春のいけばなデモンストレーション”を披露~

4月29日(金・祝)17時30分~18時30分/山種美術館1Fロビー
参加無料:事前申込をいただいた方先着80 名様限定

パスカル・ランベール
パスカル・ランベール
 多くのミュージシャンに愛されたボブ・ディランの名曲とともに
パスカル・ランベールが開くダンスの世界


武者小路実篤記念館 ホワイトデーに向けて「実篤 榮太楼飴(梅ぼ志飴)」新発売
 バレンタインシーズン限定「実篤チョコ」は、今年も大変ご好評いただきました。
 チョコレートをお求め下さった方や、昨年までのホワイトデーシーズン限定の「実 篤かぼちゃ飴」や「実篤かぼちゃ落雁」をお求めになった方々から、「今年のホワイ トデーには何か企画があるの?」というご質問が、早くも寄せられています。  今年は、老舗和菓子メーカー・榮太楼のご協力をいただき、ホワイトデーシーズン に合わせて「実篤 榮太楼飴(梅ぼ志飴)」を発売します。

「Art inn」PCサイトをご利用のお客さまへ

平素、Art innをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2/17(木)の昼からPCサイトの表示に不具合が生じた件につきまして、
2/17(木)の夕方には復旧いたしましたのでお知らせいたします。
サーバ不具合が原因でした。

長時間に渡り、閲覧できない状態となり、
ご迷惑をおかけ致しまして、大変申し訳ございませんでした。
お詫び申し上げます。

Art inn



細川家に伝わる国宝や重要文化財など、700 年間のコレクションを手のひらに iPad アプリ「細川家の名宝 The Hosokawa Family Eisei Bunko Collection」
 12 月4 日 創刊ゼロ号(パイロット版)リリース~ 絵巻をスクロール、陶器を360 度回転、名作を手本にスクリーンで模写など、 展示室では体験できない美術鑑賞が手元でできる。twitter 投稿でコミュニティの楽しさも ~

旧熊本藩主・細川家に伝来する文化財を所蔵・展示する永青文庫(東京都文京区)は、(株)CROSS BORDERS と共同で、iPad 向けのアプリ「細川家の名宝 The Hosokawa Family Eisei Bunko Collection」を開発し、2010 年12 月4 日より、アップル社が運営するAppStore にて販売を開始しました。



06年初演 撮影:藤田慎一郎
06年初演 撮影:藤田慎一郎
 2006年初演の映像はコチラ

 超・振付家シリーズとは、川崎市アートセンターがあらゆるボーダーを超えて活躍する振付家を迎え、良質なクリエイションを展開するプロジェクト。Vol.1 はイデビアン・クルー主宰・井手茂太の『大黒柱』(08 年)、Vol.2 は、The ForsytheCompany・安藤洋子の『TANSU』(09 年)を上演しました。今回のVol.3 では、異ジャンルのアーティストとコラボし、 先端的パフォーマンスを展開する川口隆夫に焦点をあてます。
透明な壁の部屋に、透明なテーブルが置かれたミニマルで冷たい空間。客席も舞台上に仮設され、観客は1~2mほどの至近距離から身体・言葉、それと密接に絡み合う映像やサウンドを体験します。真鍋大度を始めとするRhizomatiksのテクニカルチーム、evala(音楽)、藤本隆行(照明)とともに創り上げる、ライブアクションと映像を多層的に組み合わせ融合させたマルチメディアパフォーマンス。ダンスの新たな可能性を追求する舞台にご期待ください。

武者小路実篤記念館「「実篤チョコ」2011年バレンタインシーズン限定版発売」


■  毎年大変ご好評をいただいております武者小路実篤記念館のバレンタインシーズン限定チョコレートを、2011年も発売します。
今年は、一口サイズの板チョコ一つ一つを、それぞれ違う絵柄の実篤の書画の包装紙でくるみ、五個組にしました。

1  2  3  4  5

アクセス情報・施設情報HP情報などを手早くチェック!

Art innプレミアム

SNS「Art inn Premium」
みんなの口コミ展覧会情報をチェック♪