トップ展覧会レポート>ヒナタノオト浜町ギャラリー「大野八生展 - 庭日記 -」
 ヒナタノオト浜町ギャラリー「大野八生展 - 庭日記 -」

ヒナタノオト浜町ギャラリー「大野八生展 - 庭日記 -」
[ text and photo by Art inn編集部] 2011/5/16 UP


会期
2011年5月14日(土)~22(日) 
会期中無休


日本橋にある工芸ギャラリー
ヒナタノオト」浜町ギャラリーでの最後の展示は
「大野八生展 - 庭日記 -」です。

展示開始の前日、
私の手元にとても愛らしいDMが届きました。


大野八生(やよい)さんは、
ガーデナーでありイラストレーターでもある方です。
ヒナタノオトのオーナーさんが切り盛りされている
galleryらふと(ニッケコルトンプラザ内)の花壇でも、
大野さんがガーデナーとして腕を奮われておられるそう。

今回、浜町ギャラリーの展示空間には、
大野さんの庭仕事の記録- 庭日記 -が、壁一面に貼り出されています。
細いインクで軽やかに引かれた線の上から、
やさしく水彩で色付けしていきます。
その日の仕事の内容を、文字とイラストで綴っていく。
本来は業務日報のような事務的なものではずが、
大野さんの手に掛かると、素敵な絵本の一ページのように楽しいものになります。

ヒナタノオト浜町ギャラリー「大野八生展 - 庭日記 -」
本展では、大野さんの作品を購入することができます。
素材も大きさも様々な額ぶちに入っていたり、
小さなキャンバスに描かれたりしています。

現在、小学校の教科書の表紙も手掛ける
大野さんの優しい絵が観ている私たちに、
一緒に遊ぼうよ♪
とほほ笑みかけてくれるかのよう。
顔の付いたじょうろやかえる、そして植物たち。
12ヶ月をテーマとしたシリーズもなんて瑞々しいのでしょう。

そして私は、水を湛えたガラスの器に挿した
ヒイラギの絵を購入。
涼やかなこの絵を眼にした瞬間、家に来るべきだぁ!
と直感したのでした。まさに出会いですね。

またこのたび、大野さんは2冊の新刊本も発行されるとのこと。
大野さん在廊のこの日、ギャラリーにて本を購入したお客さんが、
中表紙にキュートなイラストを描いてもらっていました♪

ヒナタノオト浜町ギャラリー「大野八生展 - 庭日記 -」
気分も晴れやかに浜町ギャラリーを後にすると、
先ほどまで降っていた雨も上がり(きつねの嫁入り!)、
何とも清々しい春の夕暮れを迎えていました。

今、私の部屋の白い壁には、
大野さんの絵がスッと掛かっています。

じっと見入っていると、
この絵を通して部屋の空気がきれいに整うような、
私の気持ちも透明になるような気がしています。
きっと長いお付き合いになるでしょう。


★ヒナタノオト浜町ギャラリー
日本橋浜町2-22-3 日本橋イーストDC2階
営業時間 12:00~19:00(土日18:00・最終日16:00まで)
催事期間のみオープン
2011年5月をもって終了

★ヒナタノオト小舟町店
日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階
営業時間 12:00~1900(土日祝 18:00まで)
金曜定休


「ヒナタノオト」HPはコチラ
◆関連記事:
ヒナタノオト小舟町店へはコチラ
ヒナタノオト「針の森(こぎん刺し)+舞良雅子(染め織り)- 雪の綴り -」 はコチラ
ヒナタノオト「亜麻のお話:斎藤田鶴子さんのギャラリートークはコチラ
ニッケコルトンプラザ屋外会場「第8回 工房からの風・craft in action」はコチラ